シボレー カマロ カスタムパーツカタログ

どの時代にも絶大な人気を誇り、名実ともにアメリカンマッスルカーを代表するクルマ「カマロ」。

カマロ専用パーツ

シボレー純正パフォーマンスパーツを始めとして、アフターパーツは無数に存在します。 クルマの性能をさらに引き出すには、コールドエアインテークキット(aFe POWER,Holley)やコイルオーバー(車高調)キット(BC RACING,KW)、 エキゾーストマフラー(CORSA,BORLA)といったパフォーマンスパーツへアップグレードしましょう!スポイラーやワイドフェンダーキット、 ウインドルーバーなどのエアロ・エクステリアパーツと、ライト・マーカー・リフレクター類のブラックアウトキットなどでアグレッシブな スタイルへカスタマイズすることもお忘れなく!

ダッシュキットやシフトノブ、ペダルキットなどインテリアのアップグレードパーツも豊富です。 本国でも大人気のFORGIATO(フォージアート)FLOWやROHANA(ロハナ)RFシリーズといったスタンス系最先端ホイールカスタムは当社イチオシです!

カマロ専用パーツはこちら

すべてのパーツを見る

フェンダー、サイドステップ、バンパー、グリル等

ボディ・エクステリアパーツ

フェンダー、サイドステップ、バンパー、グリル等

マット、サンシェード、小物、等

インテリアパーツ

マット、サンシェード、小物、等

ヘッドライト、テールライト、LEDバー等

ランプ・レンズ・バルブ

ヘッドライト、テールライト、LEDバー等

マフラー・足廻り・インテーク・ブレーキ・パフォーマンスアップグレードパーツ

パフォーマンスパーツ

マフラー・足廻り・インテーク・ブレーキ・パフォーマンスアップグレードパーツ

ナビ取付けキット、モニター、カメラ、TVキャンセラー、オーディオ、コントロールツール、コーディングキット

カー・エレクトロニクス

ナビ取付けキット、モニター、カメラ、TVキャンセラー、オーディオ、コントロールツール、コーディングキット

電装、エンジン、クーリング等

消耗品・リペアパーツ

電装、エンジン、クーリング等

キャルウイングオリジナル商品

ガレージツール・雑貨

キャルウイングオリジナル商品

オフロード、マットタイヤ、ナット等

ホイール・タイヤ

オフロード、マットタイヤ、ナット等

関連サービス

シボレー カマロ:歴代モデル一覧

カマロ1st モデル(1967-1969年)

1967年に発売された初代カマロは、直列6気筒もしくはV型8気筒のFR駆動、排気量は3.8Lから7.0Lというバリエーションでリリースされた。

シートは全て2+2、ボディは2ドアハードトップとし、グレードはZ28・RS・SSの3種類である。1967年に販売されたモデルのみ三角窓を装備し、 1969年にはサイドのプレスラインやフェンダーアーチなどのボディパネルの変更、そしてレースを目的とした425PSハイパワーエンジンが、 この年限りのオプションとして登場する。

このエンジンを搭載したモデルは69台製作されたことが記録されているが、サーキットではフォード・マスタングと覇を争い、 1969年のSCCA(Sports Car Club of America)トランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5L以上クラスで優勝した。

初代カマロはわずか3年のみの生産と短命で、日本でもわずか10台ほど販売された。1969年に生産終了になった。

カマロ2nd モデル(1970-1981年)

2代目カマロは1970年にリリースされた。このモデルから日本でも正規輸入が開始された。

ボディはクーペへと変更になったため、大型化され重量も増している。グレードは初代と同じSS、RS、Z28、それにLTが1973年より追加された。 1979年には、LTに代わるラグジュアリー・モデルとして新たにベルリネッタがラインナップされた。また、オプションの細分化によりユーザーの 希望によって多様な組み合わせができるように設定され、コラムシフトやTバールーフなども選択できた。 また、このモデルではオーストラリア向けに右ハンドル仕様車がラインナップされた。

2代目リリース直後は6.6LのV型8気筒だったが、マスキー法(アメリカの大気浄化法で排ガス規制などが行われた)への対応から、 みるみる排気量は下がり、最終モデルとしてはV型8気筒4.4Lを最後に、3代目に引き継がれた。

この2代目は、生産期間が一番長かったが、これは段階的に厳しくなる排出ガス規制への対応が優先され、次世代型の開発が後回しとなったためである。

カマロ3rd モデル(1982-1992年)

大型リアゲートを持つ2ドアクーペボディを引き続き採用した。ボディ寸法は旧モデルに対し、全長で205mm、全幅で30mm、全高で15mm縮小された。

エンジンに燃料噴射装置を初めて採用したモデルでもある。この燃料噴射装置は当初はZ28のみにクロスファイヤーインジェクションがオプション (標準はキャブレター)として設定されていたが、その後、全車が燃料噴射装置化されRSの5.0LにはTBI(スロットルボディーインジェクション 170PS)、 Z28の5.0L及び5.7LにはTPI(チューンドポートインジェクション 215PS及び235PS)が採用された。

デビュー当初のトランスミッションは4速MTもしくは3速ATであったが、のちにMTは5速に、ATは4速に多段化された。 日本にはヤナセを通じてRS(その後スポーツクーペに改名 5.0L)、Z28(5.0LのちのIROC-Zでは5.7L)およびコンバーチブル(5.0L)が輸入された。 なおコンバーチブルは輸入当初はRS(その後スポーツコンバーチブルに改名 170PS)であったが、後にZ28(215PS)に変更されている。

グレードはスポーツクーペ、ベルリネッタ(Berlinetta )、RS, Z28、IROC-Zが設定され、1987年モデルではコンバーチブルが復活している。 北米仕様のバリエーション構成は、スポーツクーペ、ベルリネッタ、Z28の3構成であった

カマロ 4thモデル(1993-2002年)

日本へは当初はV6・3.4リッターOHVエンジンを搭載したスポーツクーペと、コルベットにも通じるLT1と呼ばれるV8・5.7リッターOHVエンジンを搭載した上位のZ28が導入された。

また、98年からはLS1エンジンに変更された。コルベット(350PS)と共通のユニットではあるが1998年には309PSにデチューンされている。 さらにSSと呼ばれるラムエア過給エンジンを搭載したバージョンも存在したが、日本に正規輸入されることはなかった。

中途での改良も多く、廉価グレードの追加や3.4Lエンジンの3.8L化、Tトップ仕様の追加など小刻みに改良が加えられた他、折りしもちょうど円高が進行し、 円高還元による輸入車の値下げが相次いでいた時期に導入されたため、発売当初430万円だったZ28が一時期約330万円、その他のグレードも300万円を大きく 割り込むまで販売価格が引き下げられたことは、Z28が持つ高いポテンシャルと比較され一部では大いに話題になった。 なお、日本へは導入期間を通じてオートマチックモデルのみの導入であり、マニュアルトランスミッションモデルは正規輸入モデルとしては導入されていない。

その後円高還元による輸入車市場の拡大などが一段落し、販売も小康状態になって以降もフェイスリフトなどの各部のブラッシュアップや35周年記念モデルなどの投入が行われるなど、 細々とながらも正規輸入は続いていたが、2002年の本国の生産中止と合わせて販売を終了した。奥山清行氏によるデザイン。

カマロ 5thモデル(2009-2015年)

2006年1月9日、第5世代カマロのプレビューともいえるカマロ・コンセプトがゼネラル・モーターズから公式に発表された。 初代をリスペクトしたレトロモダンなデザインをはじめ、価格面でもフォードのマスタングとの競合を念頭に開発された。 2009年に販売開始予定であったが、GM車の部品を生産していたアメリカのカデンス・イノベーションが2008年8月に破綻し、 新車の生産に必要な部品生産ができない状態であった。

2009年3月16日から5代目カマロの生産を開始し、2010年モデルとして4月より販売を開始した。 車台はGMゼータ・プラットフォーム(英語版)を採用。エンジンは3.6 LV6および6.2 LV8が搭載され、変速機は6ATと6MTが用意される。

日本では、GMアジア・パシフィック・ジャパンが2009年12月5日より発売を開始した。 導入モデルは3.6 L V6直噴エンジン搭載のLT RS、および6.2 L V8エンジン搭載のSS RSで、ともにトランスミッションは6ATのみである。

LT RSとSS RSの外観上の違いは、エンジンフードのエアスクープの有無、フロントバンパー下部及びリアデフューザーの形状である。 主要装備はSS RSにハイパフォーマンスサスペンション(LT RSはスポーツサスペンション)、ブレンボ製ブレーキシステム、LSDが付く以外、大きな違いはない。

同コンセプトモデルは、1974年式の2代目とともに2007年8月公開の映画『トランスフォーマー』に主人公、サムを守るロボット・バンブルビーとして登場したが、 撮影の段階では実走可能な車輌がなかったため、劇用車のコンポーネンツにはポンティアック・GTOの物が流用された。

この年はリーマン・ショックの煽りを受けて自動車販売が落ち込み、GM自体の経営不振につながったため、 急遽トランスフォーマーで採用したコンセプトモデルのカマロのデザインをほぼそのままで市場に送り出されたといわれている。 ターゲットは日本とされており、「限定販売にこだわる日本人の購買意欲を掻き立てられるようにほぼそのままを市場に送り出す」という売り手側の意思が垣間見られる。 日本への輸出における外観の変更点は方向指示器など灯火・保安部品である。

正規輸入車の2011年モデルではヘッドアップディスプレイが標準装備となった。 同2012年モデルではリアビューカメラ、リアビューカメラ用モニター付自動防眩ルームミラー、助手席パワーシート、ハンズフリーフォン機能等が標準装備となった。

またインストルメントパネル、ステアリングホイールのデザイン、LT RSが新型V6エンジンとなり出力15PSアップ、約10kgの軽量化(それに伴う燃費の向上)、 SS RSにパフォーマンスサスペンション(FE4)導入などの変更があった。

2012年モデルでは、スーパーチャージャーを装着した「ZL1」が登場した。 このZL1は2011年のシカゴオートショーに発表された。SSモデルの30%を再設計されており、 6.2L LSAエンジンにスーパーチャージャーが組み合わされ、そのスペックは572bhp、76.9kg-mという、これまで生産されたカマロの中でも最も強力なスペックを叩きだした。 ブレーキはブレンボ製のもので、前が6ピストン、後ろが4ピストンになっている。 外観面では専用のフロントバンパーとスプリッター、リアディフューザーとサイドロッカーパネルが与えられた。

カマロ 6thモデル(2016年~)

シボレーは2015年5月16日、米デトロイトにあるインディカーの公道コースで有名なベル島で開催されたスペシャル・イベントにおいて、 6代目となる新型「カマロ」を初公開した。

外観はこれまでの5代目からあまり変更が無いように見えるかも知れない。 しかし、その車体は、インストゥルメント・パネルのフレームやサスペンション・コンポーネントなど各部にアルミニウムを使用したこと等により、従来型より90kg以上も軽量化。 剛性は28%向上しているとアナウンスされている。GMのFRレイアウト用「アルファ」プラットフォームはキャデラックの「ATS」「CTS」と共通だが、 シボレーによればその約70%のコンポーネントがカマロ専用に開発されたという。ボディのサイズは全長4,784mm × 全幅1,897mm × 全高1,348mmと、先代型よりも 57mm短く、20mm狭く、28mm低くなっている。軽くてコンパクト、さらにホイールベースも41mm短縮され、運動性能の向上が図られたのは間違いない。

環境保全の観点から、エンジンにはついに新開発の2.0リッター直列4気筒直噴ターボが採用された。最高出力275hpと最大トルク40.8kgmを発揮し、 60mph(約96.56km/h)を6秒以下で加速するというパフォーマンスと、高速道路で30mpg(約12.75km/L)を記録する低燃費を両立させる。 カマロ史上最も燃料消費効率に優れ、同時に初めてターボ・エンジンを搭載したカマロとなる。動力性能は必要十分だが4気筒では音が寂しい...という人のために、 オプションのBOSE製プレミアム・オーディオには、誇張されたエンジン音がスピーカーから聞こえる仕掛けも用意されている(ドライバーは任意でこの機能をオフにも出来る)。

また、改良が施された3.6リッター自然吸気V型6気筒直噴エンジンは、最高出力が従来型の323hpから335hpに、最大トルクも38.4kgmから39.3kgmに向上。 エンジンの負荷が少ない走行状況では2気筒分のシリンダー休止させて無駄な燃料消費を防ぐ「アクティブ・フューエル・マネジメント」機構が新たに採用された。

さらに上級グレードの「カマロ SS」には、コルベットに搭載される6.2リッター直噴V型8気筒「LT1」エンジンを搭載。最高出力455hpはコルベットと共通だが、 最大トルクは62.9kgmと僅かに抑えられている。エキゾースト・マニホールドなど、約20%がカマロ専用設計に変更されている。V8とV6を搭載するモデルには、 エンジン・ルームからのサウンドをキャビンに取り込んで反響させる「メカニカル・サウンド・エンハンサー」が標準装備される。

トランスミッションは全てのエンジンで6速MTまたはパドルシフト付き8速ATが組み合わされる。カマロ SS用のMTには自動的にエンジンの回転数を合わせる アクティブ・レブマッチ機能が採用されている。

先代型からイメージを受け継ぐボディは、350時間に及ぶ風洞トンネルのテストで空力性能が磨かれ、先代と共通のパーツは僅かに2か所、リアの「ボウタイ」エンブレムと、 「SS」のバッジのみだという。フロント・フェンダーのロゴには昔のように赤・白・青の3色が復活した。ベース・グレード「LT」のヘッドライトはハロゲンだが、 「RS」パッケージと「SS」にはHIDヘッドライトとLEDデイタイム・ランニング・ライトが装備され、テールライトもLEDになる。高性能なカマロ SSは フロント・バンパーにブレーキ用のダクトと、ボンネットに排熱用ベントが開けられ、リア・スポイラーが標準装着される。

新設計されたサスペンションはフロントがマルチリンク・マクファーソン・ストラット式、リアは5リンク式。これまで超高性能モデル「カマロ ZL1」にしか採用されていなかった 磁性流体減衰力制御システム「マグネティック・ライド・コントロール」が、SSにオプションで用意された。LTは18インチ、SSは20インチ・ホイールが標準装備となる。 SSにはブレンボ製大径ブレーキが標準装備され、これはLTもオプションで装着可能だ。

インテリアは装備と素材が改善されているという。センターコンソールに備わる8インチのスクリーンで最新世代の「Mylink」インフォテインメント・システムを操作し、 さらにメーター・バネル内にも様々な車両情報を表示する8インチのディスプレイが装備されている。また、この新型では24通りに調光可能なLEDアンビエント照明や、 電子式パーキング・ブレーキが採用された。サイドブレーキ・レバーがなくなったことで、カップホルダーがマニュアル・シフトの邪魔にならない場所に配置できたという。 ドライブモード・セレクタは「スノー/アイス」「ツアー」「スポーツ」から選択可能で、SSにはさらに「トラック」モードが追加される。オプションの電動開閉式バルブを 備えた「デュアルモード・エキゾースト・システム」を装備すれば、排気音も「ステルス」「ツアー」「スポーツ」「トラック」の各モードに変更できる。

ボディ・カラーは10色が用意され、インテリアは色と素材の組み合わせを5種類から選択が可能。

  • パーツセンター
  • 04-2927-0777
  • 営業日時
    月曜日〜土曜日 / 祝日:9:00〜18:00
    定休日:日曜日

PAGE TOP