今注目のブロンコカスタム

2020年7月に24年ぶりに発売されたフォードブロンコ。
ラングラーJLの牙城に挑む為、フォードが威信をかけて開発したブロンコはアメリカでは多くのSUVファンの心を掴み大成功を収めている。
ボディは3ドアのショートモデルと5ドアロングホイールベースモデルをラインナップし、ラングラーに真っ向勝負を挑む一台となった。

21y- ブロンコ AWD | リフトアップスペーサーキット 2インチ ラフカントリー

カスタムパーツ装着事例

スタッフおすすめの注目商品


21y- ブロンコ AWD | リフトアップスペーサーキット 2インチ ラフカントリー

ROUGHCOUNTRY製、最新のフォードブロンコ用2インチリフトアップスペーサーキットがデビュー!新型ブロンコをアグレッシブなルックスにカスタムします! ロードクリアランスの増大により35インチタイヤを装着可能。ファクトリーストックと同等レベルのなめらかな乗り心地を維持しながらリフト可能な高性能キットです。 キットには、フロントとリアのアッパーストラットスペーサーが含まれており、正確なフィットを実現するレーザーカットとサビや劣化を防ぐブラックパウダーコートが特徴です。また、複雑なストラットの分解を必要としない簡単な100%ボルトオン取り付けが可能です!

21y- ブロンコ | カーゴバスケット ミディアム by YAKIMA FORD純正

2021年デビューの新型フォード純正オプションカーゴバスケットです。 バスケット前部にエアロウインドフェアリングが装着されています。
【製品特徴】
・荷物を固定したり、アクセサリマウントを追加したりするのに役立ちます。
・簡単にインストールでき、工具は必要ありません

21y- ブロンコ | ルーフプラットフォームキット ラージ ルーフレールアタッチメント YAKIMA FORD純正

2021年デビューの新型フォードブロンコ純正オプションルーフプラットフォームキットです。耐久性を高めるためにテクスチャーブラックコートされた軽量アルミニウム構造が特徴です。
【製品特徴】
・荷物を固定したり、アクセサリマウントを追加したりするのに役立ちます。
・左右のスラットが自転車、カヤック、スキーマウントを取り付けるクロスバーの役目を果たします。
・Tスロットアクセサリを簡単かつ安全に装着する為のTスロット装備。

21y- ブロンコ | オーニング リトラクタブル 1.9mX1.9m by YAKIMA FORD純正

YAKIMA製フォードブロンコ純正オプションのオーニングです。
1.9mX1.9mサイズ。PUコーティングを施した420Dナイロンを採用しています。
【製品特徴】
・キャリングケースはわずか15cm程でロックが付属しています。
※別売りのクロスバーが必要です

21y- ブロンコ 5ドア | サイドステップキット FORD純正

フォードブロンコ5ドア車用のサイドステップです。乗り降りの際に確実なステップを提供します。
【製品特徴】
・ブラックパウダーコート仕上げ
・耐腐食性
・穴あけ加工無しで取付可能

21y- ブロンコ | ヒッチメンバー FORD純正

2021年デビューの新型フォードブロンコ用ヒッチアッセンブリの登場です!ヒッチにアクセサリキャリア、軽量のトレーラーなど使用可能です。
【製品特徴】
・ブロンコ専用設計
・ブラックパウダーコートと耐腐食性を高めた本体により長寿命を実現

21y- ブロンコ | フィッシングロッドボックス ルーフトップ YAKIMA FORD純正

2021年デビューの新型フォードブロンコ純正オプションのYAKIMA製フィッシングロッドボックスです。 密閉型のルーフボックスに様々な形状をした最大8本のフィッシングロッドを搭載可能。長さは2.4mでタックルボックスや釣り道具などを収納するために設計されました。
【製品特徴】
・サイドの開口部からロッドに簡単にアクセス可能
・保護フォームパッド付きで1本ごと個別のロッドスロットが装備されています
・ボックスには排水穴が装備されており、水が溜まらない設計です

21y- ブロンコ 5ドア | シートカバー フロント Neoprene ブラック カバーキング FORD純正

2021年デビュー新型フォードブロンコ用の純正オプションカバーキング製シートカバーです。耐水性、防カビ性のあるネオプレーン生地を採用しスポーティなデザインで柔らかくクッション性のある感触が特徴です。
【製品特徴】
・2層の素材を使用。防水性の内層、耐水性の外層で構成されています
・洗練されたインテリアルックのためのカスタムフィット
・シートコントロールやエアバッグを含むすべてのシート機能が維持されます

ブロンコ専用パーツはこちら

すべてのパーツを見る

フェンダー、サイドステップ、バンパー、グリル等

外装

フェンダー、サイドステップ、バンパー、グリル等

マット、サンシェード、小物、等

内装

マット、サンシェード、小物、等

ヘッドライト、テールライト、LEDバー等

ライトアップ・レンズ・バルブ

ヘッドライト、テールライト、LEDバー等

マフラー・足廻り・インテーク・ブレーキ・パフォーマンスアップグレードパーツ

パフォーマンスパーツ

マフラー・足廻り・インテーク・ブレーキ・パフォーマンスアップグレードパーツ

ナビ取付けキット、モニター、カメラ、TVキャンセラー、オーディオ、コントロールツール、コーディングキット

ナビ・オーディオ

ナビ取付けキット、モニター、カメラ、TVキャンセラー、オーディオ、コントロールツール、コーディングキット

バッテリー、ワイパー、フィルター等

消耗品・リペアパーツ

バッテリー、ワイパー、フィルター等

キャルウイングオリジナル商品

ガレージツール・雑貨

キャルウイングオリジナル商品

ホイール、タイヤ、ナット等

ホイール・タイヤ

ホイール、タイヤ、ナット等

ブロンコ 専用カスタムパーツ

あばれ馬と名付けられた伝統のオフロードSUV「フォード ブロンコ」が24年ぶりに新型モデルとしてデビューしました!

初代アーリーブロンコを彷彿とさせる、スクエアでオーバーハングの短いオフロードスタイルが特徴で、発売直後にファーストエディションが完売! アメリカでは既に多くのカスタムパーツメーカーからパーツがリリースされている話題の一台です。

ブロンコ用カスタムパーツには多くのカスタムパーツブランドが名乗りを上げており、ADD(アダクティブデザートデザイン)やDV8オフロードはティザー画像を発表。老舗のARBからは前後オフロードバンパーがいち早く発売されました。ラフカントリーも既に2インチ、1インチそれぞれのリフトキットを発売しており、今後の展開が楽しみですね。

フォード純正アクセサリーも発売以来驚くほどの速さでラインナップを拡大しています。YAKIMAやTHULEなど人気のキャリアラックをはじめ、流行中のルーフトップテントはもちろんキャンプ道具やカヌー、スポーツバイクなどを積載する為のマウント類、ヒッチメンバー、カーゴラックなどアウトドアユーザーから人気のアイテムは全て用意されています。

インテリアではカバーキング、カバークラフトのシートカバーとサンシェード、ランドのカーゴライナーやPUTOCOのスカッフプレートなどアメ車では定番の老舗ブランドがフォード純正パーツを提供しています。

ラングラーと同じくカスタムが盛り上がりを見せているブロンコ。最新のカスタムパーツはキャルウイングのカスタムパーツカタログでご確認ください。

関連サービス

フォード ブロンコ:歴代モデル一覧

ブロンコ 初代モデル アーリーブロンコ(1966年-1977年)

アーリーブロンコの愛称で親しまれる初代モデルは、当時のジープの民生モデルCJ-5の大成功に対抗してフォードが1966年に発売しました。

ホイールベースが92インチ(約2.3メートル)と短く、オフロードでの走行性能も高く人気となりました。エンジンやボディ、フレームはF-100のアクセルとブレーキを使用した以外は全てブロンコ専用設計でフォードの意気込みが感じられますね。特にV8モデルの人気が高くマニア垂涎の一台となっています。

ブロンコ 二代目モデル (1978年-1979年)

1978年にデビューした二代目ブロンコは当時のF-100トラックと主要コンポーネンツを共用したモデルとなり、ボディサイズは大型化。

シボレーのフルサイズSUVブレイザー、ダッジ ラムチャージャー、グランドワゴニアなどに対抗する大型SUVになりました。 アメ車らしいカラーリングとクラシカルな雰囲気で、アメリカでは現在でも人気となっています。

ブロンコ 三代目モデル (1980年-1986年)

大幅なモデルチェンジが施されたFシリーズピックアップをベースに開発された三代目ブロンコは、初代とはかけはなれた大型SUVとなりました。

現在でも馴染み深い80年代Fシリーズのいかついフロントマスクは人気となり、フォードの屋台骨を支える一台となりました。特に1984年に電子制御のエクゾーストシステムも投入され、当時の最新のテクノロジーが使用されたのが三代目ブロンコです。

ブロンコ 四代目モデル (1987年-1991年)

1987年にフルサイズFシリーズピックアップのモデルチェンジをもとにアップデートされた四代目モデルは、ボディのフラッシュサーフェイスが進み、新世代のエアロダイナミクスボディを纏ってデビューしました。

1988年にはブロンコ全てのモデルが電子制御フューエルインジェクションを採用。1991年には、四代目モデルをベースにブロンコ発売25周年のアニバーサリーモデルが発売されています。

ブロンコ 五代目モデル (1992年-1996年)

五代目ブロンコは、当時のFシリーズピックアップをベースに安全性向上を果たして1992年にデビューしました。

現行Fシリーズトラックに通ずるフロントマスクのデザインをはじめ、1994年にはサイドエアバッグなどを装備して現代的なSUVへと進化したシリーズです。

惜しまれながら1996年に生産終了しましたが、五代目ブロンコはアメリカでもまだまだ現役で見かけることも多いSUVで、カスタムベースとしても人気となっています。

ブロンコ 六代目モデル (2021年-)

2020年7月に北米国際オートショーで満を持して発表された六代目ブロンコ。初代モデルの「G.O.A.T. (Goes Over Any Type of Terrain)」コンセプトを継承し、オフロード走行を重視した最新技術が多数組み込まれています。

ボディ形状は3ドア、5ドアをラインナップし、3ドアはアーリーブロンコの現代版とも言えるスタイルを採用。5ドアモデルはラングラーアンリミテッドのライバルとして注目されています。

フォード唯一のラダーフレームを持つ本格的なクロスカントリーヴィークルとしての位置づけがなされており、アーリーブロンコの伝統を継承する一台となっています。

  • パーツセンター
  • 04-2927-0777
  • 営業日時
    月曜日〜金曜日 9:00〜12:00/13:00~17:00
    定休日:土曜・日曜・祝日

PAGE TOP

LINEチャットでお問い合せ 営業時間内なら、専任スタッフが
受け答えができる総合窓口です。
Eメールでお問い合せ 通常1営業日以内にお答えします。
車両販売: 04-2991-7770
サービス: 04-2991-7799
部品販売: 04-2927-0777